FC2ブログ

久々のトラッドクライミング・オンサイト

2016年11月19日 土曜日

この日はグー、レミー、ダビデそれとマリアをクライミングに誘ったがレミー以外はビアフェスティバル、友達の手伝い、ただ単にのんびりしたいとレミー以外はクライミングは休み。

レミーは今年4月からクライミングを始めたらしくまだ日が浅いからどこに行きたいか聞いたら俺が決めれていいとのことなので久々のリトルトン・ロックへ。この岩場は冬場は壁が濡れていてある特定の場所しか登れないがそこもほとんど日が当たらないので冬場はここでは登らない。もし今回壁が濡れていればキャトルスストップへでも行けばいいやと思っていたがとりあえずクライミングに問題ないぐらいには乾いていた。レミーはクライミングはまだまだ経験が必要だけどビレイははっきり言って上手だと思う。ビレイしてもらってロープがある程度の経験者並みに扱えるので登っていても違和感は湧かない。今回のクライミングは5本。本数は少ないやはり初心者のクライマーだから簡単には登れない。よほどのセンスがなければ・・・。トップロープのだったけど最後の1本以外は諦めずに最後まで登っていた。時間がかかっても登ろうとするその努力がとてもいい。

Feeding Time Wall
20161121 Feeding Time Wall

20161121 Feeding Time Wall 2

(CS)Calling All Sports Climbers 17 2 bolts
(M)Mystery 17 3 bolts 
(PL)The Promised Land 17 1 bolt and trad (2つ星のオススメです)

Left Side
20161121 leftside

(GL)Godders Line 16 14m Trad
20161121 Godders Line

(IT)It’s Tough at the Top 20 13m Trad
20161121 It’s Tough at the Top

今回は久々のオンサイト。グレードは20で大したことないけどやっぱりトラッドクライミングでのグレード20は思った以上に緊張する。動画でもわかると思うけど息遣いが荒い(笑)登ってる時は気づかなかったけど改めて動画見ると笑える。けど、動画でもあの時の恐怖心が蘇るな〜、紫色のカムを決めたところがちょうどルートの半分ぐらいの地点。そこから核心が来るから結局終了点まで何もプロテクションがない状態であれで落ちてたらグランドフォールで運よければ病院送りだったな。ある程度の高さまで行くと感覚が麻痺してプロテクションを決めるの忘れるんだよね(笑)。下手にカムやナッツを選んでる間に力尽きて落ちるぐらいなら力が残ってる間に登ればいいだけだから、要は『登れる』と信じて焦らずにホールドを見つけて確実な登りをすること。スポーツクライミングと違ってトラッドクライミングは精神面での戦いが加わってくるのが面白い。しかもクイックドローをかけるボルトハンガーはどこにもないから自分でプロテクションを選んで設置。プロテクションを使いすぎれば最後は何もない状態になり、使わなければ落下した時にどれだけ落ちるかはプロテクションの位置次第。どれだけ落ち着いて登るか・・・自分に勝てれば登れるが負ければ『テイク』でビレイヤーのお世話になる。今回登ったルートはオンサイトトライで一切ルートに関しての情報がないからどこにどんなプロテクションができるかわからないかなかったからマジ怖かったけどいいクライミングができたとてもいいルートだったと思う。次回からこのルートはウォーミングアップかな。一度経験したらもう怖くはない。

今回の動画もヘルメットにGoProを着けての撮影なんでひょってしたら観てて気分が悪くなるかもしれないのでお気をつけてご覧下さい。緊張感が伝わるといいけどね。

It’s Tough at the Top



↓あなたのクリックが励みになります↓




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ボルダリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント